会社設立するまでの流れ

電子定款っていったい何?

会社を設立しようと思った時にしなければいけないことはいろいろあります。

その中でも必ず必要と書類のひとつに定款があります。定款という言葉は聞きなれないかもしれません。会社を起業するにあたって初めて聞いたという人もいるかもしれませんが、会社の憲法と呼ばれる定款は、会社設立するうえでとても重要です。定款には会社設立の目的、商号、発起した人の氏名と住所、会社の所在地など必ず記入しなければならない項目があります。この書類を作成して公証人役場で手続きをします。

この定款ですが、以前は書面での作成でした。しかし、パソコンの普及に伴って2004年3月から電子での定款が認められるようになりました。これが電子定款です。電子定款にすることでの大きなメリットは印紙代4万円を支払う必要がないということでしょう。会社を設立する場合、いろいろ費用が掛かってきます。定款を電子定款にするだけで4万円が節約できるのであれば、大きなメリットではないでしょうか。しかし、メリットだけではありません。

電子定款にする場合はそれ専用のソフトがないと個人で作成して提出するのは難しくなります。ソフトだけで6万円を超えてきますので、注意する必要があるでしょう。そんな時は司法書士に依頼をすると、比較的安価な値段で請け負ってもらえます。初めての起業の場合、こういった手続きには素人ですので、プロに頼むことでスムーズに手続きをすることができます。書面でも電子でも司法書士に依頼するのであれば電子定款のほうがお得だと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *