会社設立するまでの流れ

電子定款の申請の流れとは

定款と呼ばれる運営規則をまとめ、電子化したものを電子定款と呼び、収入印紙が不要になるので数万円という印紙代の節約につなげることができる方法とし、近年注目を集めています。

簡単に行えると考えがちですが、実際には専用の機器やソフトウエアが必要となるので素人が簡単にできると考えるべきではありません。一般的な電子定款の申請の流れとして、まずは記載内容を決めるようにしましょう。会社の基盤となる重要なものとなるので、慎重に考えて決めなくてはなりません。そして作成ソフトで電子定款を作成することになりますが、ソフトによってはサポート体制が整っていないものもあるのでよく比較してから選ばなくてはなりません。

電子証明書を使った行政手続きを行う必要があるので、住民基本台帳カードの取得を行うと同時に、実印の印鑑証明として扱う電子証明書を発行しましょう。定款への署名を行なったら、公証役場と事前打ち合わせをして、電子申請を行うことになります。

電子公証サービスを行っている公証役場ばかりではないので、提出しようとしている先が対応しているのかということをしっかりチェックしておくことが大切です。電子定款にすることにより、収入印紙代が不要になるというメリットがありますが、素人が自ら作成したり申請をすることはそう簡単ではありません。ミスがあると再度提出のために五万円が必要となってくるので、ミスがないかしっかりとチェックしてから提出しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *