会社設立するまでの流れ

電子定款認証手続きの流れについて

電子定款は認証手続きをインターネットを利用して行う手続きの手法です。

会社設立の中で株式会社を立ち上げる時には作成した定款を公証役場に持参して認証を受ける必要があります。認証手続きはその場で行われるものではないので、後日認証を受けた定款を引き取りに出掛ける必要があります。その点、電子定款はインターネットで電子データを送信して認証を受けることが出来ますし、データを受け取る時の1度だけ公証役場に出掛ければ良いなどの利便性もあるわけです。電子定款認証手続きの流れは、定款を作成する時にはワードなどの文書作成用ソフトを使う、作成した定款を公証役場や法務局にお願いして内容の確認をして貰うなどがスタートです。

定款は不備があると認証手続きを受けることが出来ないので内容の確認のためにお願いするケースが多いのです。内容確認を行った後は、PDFに変換してから電子署名を行います。電子署名は文書を作成した人のサインのようなものです。但し、単にサインを入れれば良いわけではなく、この電子署名は自分が行ったものであることを証明するための証明書を発行する必要があるので注意が必要です。

電子署名は法務省の申請用総合ソフトとPDF署名プラグインをダウンロードし、電子証明書を利用するためのソフトをダウンロードします。これらのソフトを使ってマイナンバーカードを読み込み、証明書を添付します。後は電子定款を公証役場に送信、後日認証手続きが完了した知らせを貰うので、メモリースティックやCD-Rを持ってデータを受け取れば完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *