会社設立するまでの流れ

電子定款手続きは面倒なのか?

電子定款認証手続きには電子署名を行うことが出来るPDFソフトと電子証明書を添付するためのマイナンバーカードが費用です。

従来は、住民基本台帳カードが必要で役所に出掛けて交付して貰う必要がありましたが、現在ではマイナンバーカードが使えるので便利になっています。そもそも電子定款認証手続きとは何か、普通の紙媒体の定款とどのような違いがあるのかご存知でしょうか。紙媒体の場合は印紙代の4万円が必要であり、公証役場に2度出掛ける必要があります。最初は定款認証手続きを依頼するために出掛ける、認証を得た定款を受け取りに公証役場に出掛ける必要があるわけです。

これに対して、電子定款の場合は印紙代の4万円が免除される、認証手続きはインターネットで送信が出来るので、認証を得たデータを受け取りに出掛けるだけで済みます。一見、手間は電子定款の方が掛からないなどのイメージを受ける人も多いかと思われますが、電子署名や証明書の添付など意外とやることが多いのです。但し、こうした手続き手法は会社を運営する中で度々必要になることもあるので、手間が掛かると思わずにチャレンジして見るのも良いでしょう。

また、電子定款認証では電子署名を入れることが出来るPDFソフトが必要です。これはフリーで配布が行われているものではなく、有料のPDFソフトです。こうしたソフトも会社設立後の所轄への届けを行う時などに利用が出来ますし、マイナンバーカードを読み取るためのハードウェアも利用するので予め用意しておくのもお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *