会社設立するまでの流れ

定款の概要と電子定款のメリット

電子定款は書面による定款ではなく定款をPDF化したものの事です。

定款とは会社を設立する時に必ず作成しなくてはいけないもので、会社の組織を基本的な規則や会社としての目的などを記載します。定款は公証人役場で認証を受ける事で始めて効力が発生するものです。定款に載せる事項には3つの種類があって絶対的記載事項と相対的記載事項と任意的記載事項があります。絶対的記載事項は必ず定款に載せないといけない内容です。

相対的記載事項は載せなかったとしても定款自体の効力に問題が発生する事はありませんが、記載がなければその効力が認められないものです。任意定記載事項は記載がなくても効力が無効になるわけではないが、あえて定款の中に記載した事項の事です。定款を書面でなく電子定款にするメリットは費用が安く済む事です。定款を書面で作成した場合は4万円の印紙代が必要になりますが、PDF化した電子定款では4万円の印紙は必要ないので印紙代分の経費が削減できます。

電子化する為には専用のソフトウェアが必要になるので、設備がない場合は電子定款の作成を請け負ってくれる業者に依頼して作成する事になります。殆どの公証人役場で電子定款を扱っていますが、もし管轄の公証人役場が対応していない場合は作成する手間や費用が無駄になってしまいます。時間や費用を無駄にしない為にも作成する前に管轄の公証人役場に電子化した定款に対応しているか確認を取るべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *