会社設立するまでの流れ

電子定款で費用を抑える

会社を設立する際には様々な費用が必要となり、少なくない費用が掛かることも多いです。

そのためできるだけ掛かる費用を抑えることが大切ですが、必ず必要となる金額もあるので注意が必要です。合同会社と株式会社では必要な金額が違いますが、必ずかかるものがあります。それが定款の謄本手数料と登録免許税です。また公証人手数料というものもありますが、これは株式会社だけが必要であり合同会社では必要ありません。これらの金額は固定ですが、ほかにかかるものがありそれが収入印紙代です。

収入印紙代は定款の際に必要なもので4万円ですが、電子定款の場合には不要になります。そのため会社設立の際の費用をできるだけ抑えたい場合には、電子定款を作成することが有効的です。定款は会社の経営などの目的や決まり事などの記した書類であり、会社の基本的な規則になるので必ず作成しなければいけないものになります。以前は定款は紙で提出する決まりでしたが、PDF化したデータを提出することもできるようになりこれを電子定款と呼んでいます。

自分で電子定款を作成する際には必要なものがあるので、それをしっかりと把握しておきましょう。用意するものはマイナンバーカードに電子証明書、ICカードリーダライターが必要です。会社設立の際の費用を抑えるつもりで電子定款を作ろうとしたら、逆に費用が大きくなってしまうこともあります。自分で作成することが不安な場合は、業者などに依頼することも選択肢の一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *