会社設立するまでの流れ

電子定款のメリットとデメリットとは?

会社を設立する時には定款を作らなければなりませんが、定款とは会社の基本的なルールを定めたものです。

従来は作成したものを紙に印刷を行って保管しておくものでしたが、最近は電子データで作成する事も認められています。この電子データで作成した定款を電子定款と言います。株式会社の場合には定款を公証人の認証を得る事が義務付けられています。以前は紙の定款しか認められていませんでしたが、現在では公証役場で電子定款の認証を受け付けて貰う事が可能です。

株式会社を設立する時は作成した電子定款に公証人の認証を得る必要があります、事前に指定公証人がいる公証役場と打ち合わせを行い、法務省の登記・供託オンライン申請システムを使用して公証人に送信を行います。ここまではネットで完結が出来るわけですが、認証を受けた電子定款のデータ受取については、送信手続きが完了した後に、公証役場から連絡が入ります。

その上で公証役場に出掛けて受け取る事になります。電子データのやり取りで公証役場に認証を得る事が出来るため、定款を電子データで作成すれば出掛ける必要がない、楽に手続きを済ませる事が出来るなどのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。認証を受ける時には電子署名のための書類の交付を受けるなどで役所に出掛ける必要もあります。例えば、住民基本台帳カードやマイナンバーカードを交付して貰うなども必要になるため、ネットだけで完結するものではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *