会社設立するまでの流れ

電子定款認証に必要なものとは

電子定款は紙に定款の内容を記載するのではなく、パソコンを使って電子データで定款を定める方法です。

手書きだと字が汚いので電子定款を利用したい、何度も書き直しになると大変なのでパソコンで作成したいなど、理由は様々かと思われますが、電子定款で認証手続きを行う人が多くなっています。電子定款認証のやり方ですが、最初にパソコンで定款を作成し、認証する人の情報を登記・供託オンライン申請システムを使って情報入力を行います。作成した定款を送信、送信時には申請用総合ソフトを使って行います。

ちなみに、申請用総合ソフトは無料でダウンロードが可能で、申請者操作手引き書があるので、手引き書を見て作業を進めます。電子署名を入れた電子定款を送信しますが、送信先は会社設立を行う本店の住所を管轄している公証役場です。定款の認証手続きはインターネットで行うことは可能ですが、認証後のデータを受け取るため公証役場に出向く必要があります。事前に電話で予約を行っておく、予約時に必要な持ち物について確認しておくと便利です。

一般的には、USBメモリはデータを受け取る時に必要です。定款を印刷したもの、発起人の印鑑証明書、電子署名を行った発起人以外の委任状、認証手数料やその他の手数料、運転免許証などの身分証明書、印鑑は必ず必要になるので事前に準備を進めておきましょう。尚、一人で会社を立ち上げている場合には、発起人以外の委任状はないので、持ち物は人数などに応じて変わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *