会社設立するまでの流れ

電子定款を作成や役所への届け出

会社を経営していく上で基盤となるルールを決めていくことを定款と言います。

そして、定款は会社の大切な規則となるため作成をする必要があります。昔は定款を紙で作成していました。しかし、最近ではPDF化した電子データで作成したものを差し出すことが可能となりました。これを電子定款と言います。電子定款は、役所にPDFデータを届ける時に、そのデータの作成者が作成したということを証明しなければなりません。そのことに関し承認を進めていく手順として、電子による証明書は欠かせないものとなります。

以前は、住民基本台帳カードによって認証を受けることが可能でしたが、そのシステムは現在はなくなっています。なので、最近ではマイナンバーカードで認証を受ける必要があります。また、一番最初に郵便で届いたマイナンバーが記載された紙ではなく、新たにマイナンバーカードを作らなければなりません。これは、役所に申し出ることによってマイナンバーカードを申請することが出来ます。

また、定款にはどのような目的で事業を行うのかを記載する必要があります。取締役会をどのように設置するのか、会社の存在をどのように一般に知ってもらうのかなどは必ず記載しなければいけないわけではありません。ですが、記載することによって良い効果が得られる場合もあります。また、定款の作成は紙で作成する時と同じ手順で行います。そして、文章が出来上がったらそれをデジタル化していきます。また、電子定款は役所に届ける前にミスがないかしっかり確認しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *