会社設立するまでの流れ

電子定款にはメリットが多いのか

電子定款というのは、会社の基本規則を定めた定款を電子的に作成したものを指します。

電子定款にすると、紙の定款の場合に比べて印紙を貼らなくて済む分だけ安価に作成できるというメリットをよく耳にします。これは確かに事実ではありますが、その部分だけを切り出して物を考えるのは適当とは言えません。全体をよく考えて、本当に電子定款のほうがメリットが大きいのかを考えてみる必要があります。

電子定款は、単に定款の作成にワープロソフトを使っているというだけの意味ではないことにまず注意する必要があるでしょう。というか、紙の定款であっても、今の時代、最初から紙にペンで記載するようなことなどあり得ません。作成はワープロソフトで行ったうえで、それをプリンターで打ち出してその紙に捺印することになるでしょう。つまり、紙の定款であっても部分的にはコンピューターのワープロソフトという電子システムを利用しているわけです。電子定款の場合、ではプリンターで打ち出すことなく電子的なファイルの形で保存しさえすればそれで良いのかというと、そんなことはありません。

それでは誰かが後で勝手に書き換えても分からないかもしれません。会社の基本規則である定款がそんなことでは困ります。実際、紙の場合でも、プリンターで打ち出すだけで良いわけではなく、捺印が必要なのはそういう理由があるからです。これは電子の場合であっても同じで、電子的な捺印に相当するものが必要となり、それには相応のコストがかかることに注意する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *