会社設立するまでの流れ

電子定款の作成方法

電子定款とは定款を電子的、つまりコンピューター上で扱えるファイルの形式で作成したものです。

この電子定款ですが、作成方法として注意しないといけないこととして、電子的に署名を入れることが求められているということが挙げられます。これは紙の定款であっても基本的には同じで、確かに原本であるということを証明するために紙の場合は印鑑を押すことが求められているでしょう。電子の場合であってもこの原則は必要となり、確かにその電子ファイルが電子定款の原本であることを示すために電子的な署名が必要とされているのです。

紙の場合は印鑑が必要となり、それを紙の上に押すという作業が発生することになります。電子の場合でも似たようなもので、印鑑に相当する電子署名というものをまずは取得する必要があります。これは街中の印章店に行っても入手はできません。実はマイナンバーカードがそれに相当するものになります。マイナンバーカードにはICチップが埋め込まれていて、そこに自分自身の電子署名データが入っていると考えてください。

これが印鑑に相当します。ですが、これだけでは電子署名はできません。紙の場合は印鑑を紙の上に押せば終わりですが、電子的に行う場合には、そのデータをファイル上に取り込ませる機能が別途必要です。これには、アプリケーションとして電子署名データを取り込める形式のものが必要です。さらには、マイナンバーカードのIC上のデータをパソコン内に取り込むための接続機器も必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *