会社設立するまでの流れ

電子定款の意味について

電子定款というのは定款を電子的に作成したものですが、単にコンピューターの電子ファイルとしただけでは定款の意味を成しません。

紙の定款であっても、単に紙の上に必要な文言を書いただけでは定款とは認められず、所定の印鑑を押して初めて定款として認められるでしょう。電子定款の場合であっても考え方としては同じで、その電子定款に電子的に印鑑が押されて初めて定款として認められるのです。電子的な印鑑とは一体何のことかと思われるかもしれません。ほとんどの人はそういうものを押した経験はないでしょうから当然です。

印鑑とは本人を確認するための物だということで、電子的な印鑑とは、その人固有の電子データのようなものだと思えばよいでしょう。その人固有のもので、後で誰が電子署名をしたかが分かり、誰か他の人が勝手に同じデータを持つようなことや、書き換えなどが容易にはできないものということです。このような固有の電子データですが、実はマイナンバーカードに標準的に搭載されています。

マイナンバーカードといっても紙で送られてくるものではなく、申請して入手できるプラスチックのカードのことです。ここにはICチップが入っており、その中にはその人固有の電子データが書き込まれています。もちろん勝手に書き換えたり、他の人がその番号を共有したりするようなことはありません。この電子データを、当該電子定款のファイルに取り込んでおくことで初めて認められる形になるということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *