会社設立するまでの流れ

電子定款での留意事項

電子定款を作るためには、まずはそのためのアプリケーションを用意する必要があります。

電子定款の作成そのものは普通のワードなどのアプリで行って構いませんが、完成後は書き換えが不可能なファイル形式に変換する必要があるからです。書き換え不可能な形式というと即座にPDFファイルを思い浮かべる人も多いでしょうが、確かにそのとおりです。ですが、無償で配布されているPDFアプリでは実は不十分です。無償で配布されているPDFアプリは、確かに書き換えは不可能ですが電子署名を行うことができません。

電子定款には電子署名を付すことが求められていますので、電子署名を行うことのできるPDFアプリである必要があるのです。これは有料であり、既に持っているのでなければそのための費用が必要になります。また、電子署名というのはキーボードやマウスで入力して付すことができるものではありません。本人固有のもので、他の人と同じものではなく、しかも他の人が同じものを付そうとしてもできないものである必要があります。

キーボードから入力できるようなものではそれが保証されません。これはマイナンバーカードを作成する必要があります。マイナンバーカードを持てば、その中にその人固有の電子署名データが標準で含まれるようになっているからです。さらには、そのカードデータをパソコン内に取り込むためのデータ読み取り機も必要になります。これらの準備が必要であることに留意しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *