会社設立するまでの流れ

電子定款の注意点について

電子定款は費用を抑えて定款を作成できる方法として注目されていますが、注意点もあります。

というのも、電子定款には電子署名が必要であり、電子署名のためにいくつか準備が必要になるためです。単なる準備ではなく、そこに別途費用が発生するものもありますから、注意が必要となるわけです。このうち、おそらくはソフトウェアが最も大きな出費となるでしょう。これはPDFファイルを作成するソフトなのですが、無償でも良く配布されているAdobeのPDFソフトではいけません。

無償のPDFソフトでは電子署名を付ける機能は有していませんから、電子定款を作成することはできません。電子署名を付ける機能を持っているPDFソフトとなると実勢価格で数万円はかかります。もちろん既に持っている人とか、他の活用用途がある人はそれでも良いのですが、他に使い道もないということであればこのためだけにその出費となるわけです。また、電子署名データが必要となります。

これはマイナンバーカードで構いませんのでさほど大きな出費ではありませんが、申請するという手間は必要です。さらに、マイナンバーカードに含まれる電子署名データを読み込み、PDFファイル中に書き込むためのカードリーダーが必要です。これはPCに接続して用いるもので、パソコン用品店などでも普通に販売されていますが、数千円程度はかかります。このような費用がかかってきますので、それには注意しておく必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *