会社設立するまでの流れ

電子定款のメリットとは

電子定款というのはあまり聞きなれない言葉かもしれません。

もちろんこれは定款を電子的に作成したものですが、そもそも定款とは何か知らない人も多いでしょう。定款というのは、会社を設立する際には必ず作成しないといけないもので、会社の基本事項を記載したものです。例えばその会社の名称や住所、事業内容などを記したもので、何を書かないといけないかというのは法律で決まっています。従来は定款は紙で作成するのが当然とされていました。

ただ、誤解してはいけないのは、紙で作成するとは言っても、最初から何らかの用紙にボールペンや万年筆で手書きしていくという意味ではないことです。さすがに今の時代にそれはありません。そうではなくて、文章の作成においてはもちろんワープロソフトを使ってPC上で行うことになります。そして作成後にプリンターで紙にプリントアウトし、作成者が押印して完成です。最後に紙で出力し、それに押印されるということから紙の定款とされているわけです。

これに対して電子定款とは、作成をPC上のワープロソフトで行うのはもちろんのこと、最終的にもプリントアウトは行いません。もちろん記載内容を確認するために紙に打ち出してチェックするようなことは何ら問題ありませんが、最終版、完成版としては電子ファイルのままとするのが電子定款です。どうして紙ではなく電子とするのかと言えば、実は費用的に安く抑えられる可能性があるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *