会社設立するまでの流れ

会社設立の代行は専門家に依頼しましょう

会社設立を考えている人をサポートしてくれる所として、税理士や行政書士・弁護士・公認会計士などの事務所があります。

会社設立・独立・起業をサポートしてくれて、企業手続きの代行をしてもらえます。専門家に代行を依頼するメリットとしては、まず複雑な手続きを自分でやる必要がなく便利なことです。会社設立には「定款」という会社を運営していく基本的な規則を作成し提出する必要がありますが、その作成と提出をおこなってもらえます。

近年は「電子定款」という電子媒体で提出することも可能となりましたが、「電子定款」作成ソフトも用意されており自分で作成するよりも代行を依頼する方が、手軽で費用も安く上がります。この電子媒体での提出は印紙代の4万円が不要となり、自分で紙の定款を準備するよりお得です。次に会社設立に伴う補助金などについてもサポートを受けることが可能です。補助金の申請は個人で行って資料の漏れなどがあると受け付けてもらえなくなってしまいますし、様々な補助金に対して申請漏れが無いようにサポートしてくれるので、専門家に任せたほうが安心で確実です。

会社の設立後についても、会社経営のサポートを受けることが可能です。会社経営はさまざまなノウハウが必要ですが、専門家ならば、就業規則の立案作成や従業員の雇用問題などにも協力していただけます。会社経営を順調に行うためにはこのサポートは重要です。この様に専門家にいらいすれば、会社設立から経営までのトータルサポートが受けられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *