会社設立するまでの流れ

会社設立は税理士さんが代行してくれる

会社を設立する方法はひとつだけではありません。

専門の代行業者を選択するか、税理士を選ぶことができます。他にも司法書士の選択もあります。専門企業が多く、2000円程度の手数料で会社設立の代行を務める代行業者もあるようようです。1つの決め手のポイントとしては、法的または税務アドバイスを受けたいかどうかです。税金のアドバイスを受けながら、会社設立のための委任状にしたいなら、税理士に頼むがいいでしょう。税金以外の法的なことを話したいなら、司法書士もお勧めです。

特に相談したくないしとにかく安く代金を払いたいと思ったら、専門業者になります。価格は異なりますが、安い業者であれば電子定款として2000円を必ず払うのが相場となっています。税理士に相談すると2万円前後かかるそうです。電子定款を作ることで、紙と違って4万円の費用を節約することができます。だから、税理士や司法書士に頼んでも結局は安くなるでしょう。

また独自の電子定款を作成することができますが、ほとんどの人が自分の機器を持っていないはずなので、代わりに代行業者さんに依頼する方方が安いでしょう。会社を設立してから税理士さんにアドバイスを続けたいというケースが多いです。今後の関係を考えたら、会社設立の段階から依頼をするべきです。普段からしっかり意思疎通ができていない時は、助けてほしいとスムーズに運べないようです。しっかりとしたサポーターを見つけて助けてもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *