会社設立するまでの流れ

会社設立代行業者と3種類の士業資格について

会社設立時に設立代行業者を使って業務に集中しながら会社を立ち上げる人が増えていますが、設立代行業者とは法律に精通した資格を持つ行政書士が中心になっている会社です。

行政書士は会社設立を行う人に代わり、書類作成や申請手続きを行うことが出来る士業資格です。但し、書類の作成や申請手続きを代わりに行うことは資格を持たなくても行うことが出来ます。例えば、会社を1人で立ち上げた経験を持つ人は、設立登記の経験を持つわけですから知り合いから頼まれて書類を作成したり、法務局に書類を持参して登記申請を行うことは可能です。

行政書士との大きな違いはどこにあるのか、気になる人も多いことでしょう。行政書士の場合は他人の依頼を受ける、その依頼に対して報酬を受け取ることが出来る権利を持ちます。行政書士以外にも会社設立代行を行っているのは、税理士や司法書士などの資格を持つ人がいます。行政書士の場合は設立代行までで、設立後の会社経営についてはタッチしません。

これに対して税理士や司法書士は設立登記までの業務を代行して貰えると同時に、設立後の会社経営の中での税務相談や税務処理の作成(税理士のみ)、会社経営上でのコンサルティングなどに対応可能にしています。税務相談や税務書類の作成、申請については税理士の資格がなければ出来ませんので、税理士に依頼をすることは会社設立後の経営についてもタッチが出来わけです。但し、税理士は定款の作成や登記申請などの代理人を務めることは出来ません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *