会社設立するまでの流れ

会社設立代行を選ぶ時に気をつけること

会社を設立したいけど、手続きが面相くさいのでためらう人もいます。

そんな人におすすめなのが会社設立代行です。会社設立代行では、専門家が登記申請など面倒な手続きをすべて代わりにおこなってくれるので、できた書類に捺印をするだけで簡単に会社を設立することができます。知識が豊富な専門家がすべてやってくれるので、本業にも存分に専念することが可能です。会社設立代行の選び方ですが、サービスの内容や料金、特典を比較しながら選ぶといいでしょう。

会社を設立する場合は、商号や目的などを記載して定款を作成しますが、その定款の認証を受ける必要があります。認証は公証役場で受けますが、紙に印刷する場合は印紙代に4万円がかかります。ただし電子定款で提出すれば印紙代の4万円は必要ないのでお得です。少しでも余計な費用をかけたくない場合は、電子定款で提出する会社を選んでください。会社設立代行は定款の認証を受けるまでのサービスと、法務局での登記が完了し、登記事項証明書までを受け取るのではサービスの範囲が違うので、どこまで提供してくれるのかをしっかり確認することが大事です。

費用の安さだけで選んでしまうと、自分が思っていたサービスが受けられなくなり結局また違う会社に依頼することになるので、余計な時間と費用がかかってしまいます。会社設立代行を依頼する場合は、行政書士や司法書士がどこまでサービスを提供するのかも確認することが大事です。これらをはっきりしておかないと、後でトラブルの原因になってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *