会社設立するまでの流れ

会社設立にかかる費用はどれくらいか

会社設立の費用は、株式会社の場合は約25万円くらいになります。

内訳は、定款に貼る印紙印紙が4万円で、定款の認証として公証人に支払う手数料が5万円、登記の費用が15万円くらいになります。合同会社の場合だともっと安くなり、だいたい10万円あれば会社設立が可能でしょう。内訳は収入印紙代が4万円、登記の費用が6万円くらいになります。

しかし、これはあくまでも会社設立にかかる最低限の会社設立の費用であり、実際に会社を運営していくとなると、事務所の賃借料や備品・運転資金・人件費などが必要になるのは言うまでもありません。定款に貼る収入印紙4万円ですが、これは紙の定款を作った場合に必要になるもので、電子データで作成すれば払う必要はありません。

ただし専用の作成ソフトが必要で、それを購入するのに数万円かかりますし、ICカードリーダライタなども購入する必要があり、それらを揃えると収入印紙代と同じくらいか、それ以上の出費になってしまうこともあるので注意が必要です。はっきり言ってしまえば、会社設立をするなら定款を自力で作ろうなどとは考えない方が懸命でしょう。

会社の設立に精通した専門家がいますから、そのような方たちにお願いした方が効率がいいです。専門家の方は、当然ながら専用のソフトやカードリーダライタも保有していますし、手続きのやり方も熟知しているので、素人が一から勉強してやるよりも何倍もスピーディーに会社を作ることができます。経営者にとって時は金なりですから、無駄な極力省くべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *