会社設立するまでの流れ

会社設立の種類と費用

会社設立といっても、会社には種類があり費用も変わってきます。

現在、日本での会社の種類は「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類ですが、実際に起業を目的に会社設立する場合には「株式会社」と「合同会社」の二つです。

会社設立を行う理由としては、ひとつは社会的信用を得るということです。特に法人口座を持てることは事業を行っていく上では重要です。また形に違いはありますが出資によって資金を集めることができ収益の分配も行えますし、人を雇用するさいにも税制でのメリットがあります。

会社設立にかかる費用は株式会社では24万円から20万円、合同会社の場合には10万円から6万円です。どちらも費用のうち4万円が安いのは電子認証定款を使用した場合です。なお、これらは法定費用であり公証人手数料や定款印紙代、登録免許税などで絶対に必要なものになります。

電子定款にした方が印紙代ぶんだけ安くなるわけですが、実際に電子定款を行うにはさまざまな手続きが必要であるため自前で行うのには4万円以上はかかるので個人で行うのには不向きです。

このため会社設立を行う業者などを利用した場合に利用できるもので、手数料が4万円以下であれば、それだけ安く設立できることになります。ただ会社の設立までには面倒な定款の作成などもあり、実際に会社を作るというケースには専門の設立代行業者に依頼した方がスムーズに会社を作ることが可能できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *