会社設立するまでの流れ

会社設立にかかる費用は?

会社設立を考えていたとしても、いくらぐらいの費用がかかるのか見当がつかずに諦めそうになる方も少なくありません。

漠然と高そうなイメージを抱く方も少なくないのですが、元手が大まかでもいいのか分かれば新たな一歩を踏み出せることでしょう。会社と言っても株式会社など様々な形態がありますので、どのように設立するのかでも変わってきます。

一般的に会社設立の際の費用として、株式会社であれば約20万円、合同会社だと約6~7万円程度は必要になります。とはいえこの金額も最低限役所に納める金額として必要になってくる分なので、他にも必要な書類や物品等の準備をしていくとさらにお金はかかってきます。

これから会社設立のための費用として必要になってくるのは大まかに分けると三つです。資本金、法定費用、その他のお金です。資本金はなんと今や1円からでもよいとされているのには驚くのではないでしょうか。

登録免許税や手数料なども必要になりますし、定款を紙にするかそれとも電子媒体にするかでも金額に雲泥の差が出てくるので、どちらにするか悩むこともあります。

その他の資金については、実印の作成や定款作成などにかかる料金ですが、工夫次第でかなり安く仕上げられますので、会社設立の際に節約を考えているのであればどのようにすればいいのかよく検討しておきましょう。会社は設立したら終わりではないので、継続して事業を行えるように資金も管理することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *