会社設立するまでの流れ

会社設立の手続きにおける費用

会社設立の手続きをしようとする場合には、その費用がいくらになるのかついてもあらかじめ積算しておいたほうがよいといえます。

会社設立の手続きをすべて本人がすることも可能ですが、専門性の高い部分がありますので、間違いを防ぐ意味でも司法書士や行政書士といった専門家に一部を代行してもらったほうがよい場合もあります。その場合の費用の見積もりと比べた上で、納得ができる方法を選択するために必要となります。

会社設立の手続きにかかる費用ですが、最初に必要なのは定款に貼る収入印紙の代金です。ほかに作成された定款を認証してもらうために公証人に支払う認証手数料があります。最後に法務局で登記を申請する際にも資本金の金額にあわせた登録免許税の支払いが必要です。

このように考えると会社設立の手続きだけでも数十万円の費用がかかる場合はいくらでもあり得ることがわかります。ただし定款を電子化してしまうことにより、収入印紙の対象となる文書から除外してしまう方法もあります。

これで4万円ほど費用が節約でき、効果としては大きいものの、いくつか事前に準備しておかなければならないこともあります。それは電子化するためのPDFライターというソフトと、電子署名をするためのICカードライターという機器が手元にあることです。

もしもない場合は司法書士や行政書士への代行により、みずから購入しなくても済むようになりますので、間違い防止のほかに機器などの購入代金の節約という意味でもこれらの専門家に依頼をしておくとよいことがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *