会社設立するまでの流れ

会社設立のことなら代行業者へ

会社設立を考えている場合には、代行業者を使うのが無難です。

会社設立そのものは手続きに則って行えば誰でも行うことができます。しかし、すでに事業をスタートしている場合など時間的な余裕がない場合には会社を作るために必要な知識を習得する時間がありませんし、間違いがあるとトラブルの元になるものです。トラブルによっては、重大な失敗につながるリスクがありますから専門家に任せるのが無難です。

会社設立の代行業者としては行政書士、司法書士、税理士などの事務所があります。基本的には提出先は公証人役場(行政)と法務局(司法)であるため書類を作成するためには行政書士と司法書士が必要ですが、代行業者では提携して書類作成を依頼するなどの手続きをすべて行ってくれますし、手続きは標準で1週間から2週間程度です。代行業者には、完全に会社設立を代行するだけの業者もあれば、経営コンサルタントと税理士事務所などが行っているところもあります。

専業業者の場合には設立だけを行うので費用が掛かりますが、経営コンサルタントや税理士事務所の場合には、会社設立後の契約を前提としているケースであれば大幅に費用を割り引いてくれるところもあり、特に法人化することで納税の仕方が異なってきますし、帳簿付けもより重要になってくるため、税理士と契約して税金対策を行うことが重要になってきますので税理士事務所が行っている設立代行には多数のメリットがあるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *