会社設立するまでの流れ

会社設立時に選ぶ4つの形態

会社の種類は4形態あり、それぞれに出資金を誰が出すか、経営責任をどこまで負うことになるのかによって違いがあります。

会社設立時に一番多いのは株式会社です。会社法の改正に合わせて、新しく出来た合同会社も近年数が増えてきました。ちなみに合同会社はLLC、(同)と略され、銀行振込の表記ではド)とされています。株式会社は一番一般的ですので、会社設立後も周囲の信頼性が高く資金調達がしやすい設計となっています。

対して合同会社の場合はまだまだ知名度が低いため、個人商店や有限会社などと同じではないかという印象を持たれることがあります。しかし、合同会社として会社設立すると、株式会社に比べて会社設計度の自由が高く、自由な経営や利益の分配を想定することができるというメリットがあります。合同会社設立が可能になってから、有限会社の新規設立はできなくなりました。あまり馴染みのない会社形態として、合名会社、合資会社があります。

どちらも社員が債権者に対して無制限に責任を負う無限責任を定めている会社形態であるため、一般的な会社経営としては使い勝手が悪い面が多くなります。社会的な意義が高い事業や公共性の強い事業を運営する場合に用いられる場合が多い形態と言えます。社長たった一人が、資本金1円でも株式会社を設立できるようになってからは気軽に会社設立が出来るようになりましたが、株式会社以外にも会社の種類があり選択肢があることを知っておくのが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *