会社設立するまでの流れ

会社設立の主な三つのメリット

会社を設立するかどうかを考えるに当たり、まず最初に理解しておきたいのは会社設立に伴うメリットとは一体何かということです。

もちろん色々なメリットがありますが、ここでは主に三つの分野におけるメリットについて取り上げます。まず、会社設立には会計面で大きなメリットがあると言われています。例えば、会社を設立し法人として認められた場合、個人事業の場合と比べると損金として計上できるものが多くなります。加えて、青色申告であれば9年間赤字を繰り越せるとも言われているのです。

まさに節税というの点で大きなメリットがあると言えるでしょう。また、会社設立によって得られるメリットの中には、税制面におけるメリットも含まれています。例えば、会社設立時に1000万円以下の資本金であった場合、2年間は仮に課税売上高が1000万円を超えた場合であっても、消費税が免除されるという利点があるのです。さらに出資金が1億円を超えない場合は、法人税率が軽減されるなど、実に税制面で様々な優遇を受けられると言われています。

これらのメリットに加えて、会社設立には経営面でのメリットもあると言えるでしょう。個人事業の場合と比較してみると明らかですが、当然のこととして、法人のほうが会社に対する信頼度は高くなると言えます。その結果として、取引先との間で信頼関係を築く上でも大変有利ですし、銀行などの金融機関からの信頼度も高くなると考えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *