会社設立するまでの流れ

会社設立と経営を支えてくれるパートナー

会社設立を行うとするとどうしてもある程度複雑な書類を、あちこちに提出することになります。

そのような税金や法律に関する手続きは、何も会社設立するときだけ必要なものではありません。会社は事業年度末毎に決算をしなければならないことになっていますので、どの会社も通常業務と並行して経理の作業が必要なのです。経理専門の部署は、小さな会社ではなかなか作ることができません。やむを得ず社長が経理を兼ねている会社が多いのが現実です。

そこで経理業務に足を引っ張られて、本来の仕事がはかどらないと本末転倒なことにならないよう、専門家の力を借りている会社も少なくありません。一言で専門家といっても、何を業務の中心にしているのかはまちまちです。会社設立手続きに強いのは司法書士で、法人に限らず登記全般の代行業務がメイン。様々な許認可や届け出の代行なら、行政書士が主な業務としています。公的な文章を作る時にも、力強い味方になってもらえます。

法人会計のことならば公認会計士。中規模以上の会社と多く顧問契約を結んでいて、お金の面だけでなく経営全体のコンサルティングもこなします。反対に小さな会社がよくお世話になるのが、税理士です。普段の経理業務から決算、確定申告の手続きまで頼れるサポーターとして、力になってくれる存在といえます。法律関係なら司法書士や行政書士、お金のことなら公認会計士や税理士、それぞれの得意分野を生かし、会社設立と経営を支えてくれるパートナーです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *