会社設立するまでの流れ

バーチャルオフィスで会社設立を行う時の注意点

会社設立登記を行う時にバーチャルオフィスを使う人が増えています。

都心の一等地にある住所を使って会社設立登記をすればクライアントからの評判も得られる、ビジネスでの信頼性が高くなるなどのメリットを持ちます。バーチャルオフィスのサービスには、住所のみ、住所と電話番号、これらに付随する郵便物の転送や電話の転送サービス、中には秘書サービスなどを設けているケースもあるのでニーズに合うものを選ぶと良いでしょう。会社設立登記でバーチャルオフィスを選ぶメリットは、初期費用を大幅に削減出来る点です。

オフィスを運営している会社にもよりますが、1カ月間の利用料が1、000円などのケースもあるので、費用を抑えたい人にとって魅力的ではないでしょうか。但し、バーチャルオフィス会社登記で利用可能なケースと利用不可なケース、会社登記での利用は別料金になるケースがあることを把握しておきましょう。バーチャルオフィスは1つの住所を複数の会社に対してレンタルを行っています。

これは住所を借りる、もしくは電話番号を借りるサービスですから当然のことになりますが、会社設立時には類似商号に付いての確認が不要になり、意外と見逃しがちです。同一住所に同じ社名の会社が登録されている場合、後から登録する会社は登記が出来ませんので、バーチャルオフィスを使う時には法務局の登記所を利用して、これから立ち上げる会社の本店住所での類似商号をチェックすることは忘れないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *