会社設立するまでの流れ

株式会社設立の費用の調達手段

会社設立後は事業の安定した運営に充てる費用の心配もしなければいけません。

そのため、常に資金調達を行動に移せるように手段を意識しておく必要があります。資金の調達手段として思い浮かべるのは、金融機関から借りるということでしょう。しかし、株式会社はそれ以外の手段で資金を調達できます。その手段とは、募集株式の発行と社債の発行です。募集株式とは、新しく株式を発行または自己株式を処分して新しい株主を募集することをいいます。

この手段を採用するメリットは、返済する必要もなく剰余金がある時に配当するだけで良いことにあります。一方の社債は会社を債務者とする金銭債権のことです。会社側にとっては長期の償還期間により短期の借入れをするよりも安定した資金として利用できるうえ、金融機関からの干渉を受ける危険がないというメリットがあります。

さらに、社債を所有する投資家側にとっても経営に参加せずとも利息を確実の受けとれることや受験付ではありますが、譲渡することによって資金を回収することが簡単になります。

また、必ず償還することは約束されているため、出した資金も確実に回収することができます。会社設立は、設立しただけでゴールではないことはお分りでしょう。資金繰りを確認して、素早く行動に移さなければ運営は破綻してしまいます。会社設立の費用のみではなく、その後に起こりうる事象に対応するための費用の準備もしっかり整えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *