会社設立するまでの流れ

会社設立の費用は自分でやるとどうなるか

会社設立を考えている方にとって悩ましいのは、どれぐらいの費用がかかるという事ではないでしょうか。

お金がかかるイメージがありますから、少しでも支払う金額は少なくしたいものです。代行も増えているものの、まずは自分でやるとしたらどれぐらいかかるのかある程度金額を知っておくとその後の手続きもしやすくなります。

もしも会社設立をする際に株式会社で検討しているのであれば、資本金以外に必要な費用は約25万円程度になります。内訳としては、定款に貼る収入印紙代が4万円、認証時に公証人に支払う手数料が5万円、そして登記手続きに必要な謄本手数料が約2000円前後、登録免許税は最低でも約15万円です。

もしも自分で定款をPDFなどにすることができるのであれば、紙に貼る印紙代は不要になるのでその分は節約する事も可能になります。手続きに興味がある人や、節約しているという実感を得たいというのであれば、会社設立も自分でやってみるとその後の良い経験になる事でしょう。

けれども費用面だけ考えてみると、意外に代行してもらってもあまり変わらない部分もあったりします。時間にあまり余裕がない方や煩雑な手続きを自分でする気に離れないというのであれば、無理せずに代行を利用するのも一つの手です。

時間はもったいないですから、会社設立に手間取ってしまっては本末転倒です。費用を取るか時間を取るのかどちらにするのかは自分次第なので、良く考えて計画的に進めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *