会社設立するまでの流れ

会社設立の費用に悩む時

会社設立にあたって、費用がどれだけ必要になるのかは予め確認しておかなくてはいけません。

一般的に会社を起こすとなると誰もが株式会社をイメージしますが、それ以外にも合同会社を設立するという方法もあります。どれを選ぶかでも準備する金額に差が出てきますので、悩ましいですがじっくり良く考える事が大切です。

基本的に会社設立に必要な費用としては、株式会社は約25万円です。15万円の登録免許税に公証人に支払う手数料が5万円、定款に貼る印次第として印紙代が4万円、それに定款の謄本手数料が約2000円となります。

合同会社の場合だと登録免許税は6万円、印紙代は同じく4万円で定款の謄本手数料が約2000円となるのでかなりの差があることが分かります。何かと会社設立の際には物入りですから費用も抑えたくなりますが、料金の数字だけを見ていると後で悔やむ事にもなります。

メリットとデメリットを良く考えた上で選択する事が大切です。合同会社は法人ですから、個人事業主のままで活動するよりも知名度は高くなります。とはいえ、株式会社よりは知名度の低さがネックで場合によっては取引がしにくい場面も出てくる事が予想されます。

これから自分がどのような規模で会社をしていきたいのか、きちんと考えておきましょう。設立時のお金はあくまで設立時のものなので、長い目で考えて自由度の高さなども視野に入れた上で設立すると、費用も無駄なく活用していく事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *