会社設立するまでの流れ

会社設立と費用について

会社設立に要する費用をどのようにして集めるのかというのは難しい問題です。

だいたい、いくらくらい必要なのかということをある程度は見積もっておかないと目標の立てようがありません。一般的に、狭義の会社設立にかかる費用というのはさほど高いものではなく、せいぜい数十万円レベルになります。これは法律上、手続き上必要とされているもので、この程度の金額があればとりあえず会社という看板は掲げられます。

ですが、その看板の元で実際に事業を展開するためにはもっと多くの費用がかかることは間違いありません。オフィスや店舗を借りたり、広告宣伝のお金、仕事に必要なオフィス機器の調達、人を雇うならば人件費、仕入れや在庫を持つ必要があるのならそのお金といった具合に、とにかく会社設立にはこれほどまでにお金がかかるのかというくらいに細々としたところで出て行くものは多いことでしょう。

もちろん、これらを全て完璧に整えたからと言って即座に収益が期待できるわけでもないでしょう。すると、その間の生活費はどうするのかといった問題に突き当たります。会社を設立するにあたっては、このような問題を総合的に考える必要があります。

できれば、本業でまだ安定した収入のあるうちから徐々に始めていくという形を取ることが好ましいでしょう。つまり最初は副業として始めるということです。これにより、どこにどんなお金がかかりそうなのかということがだいたい見えてくるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *