会社設立するまでの流れ

会社設立に必要な費用は

会社設立に必要な費用については、いわゆる各種手続きに必要な費用と資本金があげられます。

各種手続きに必要なのは登記に関する料金です。会社には株式会社や合同会社などの種類がありますが、いずれも登記を行うことで正式な会社として認められることになります。登記の際には事前に会社の定款(会社のルールのようなもの)を定めて、これを提出することが必要です。

定款の作成を専門家に依頼すると作成費用が必要になりますが、インターネットや書籍などを参考にしながら自分で作成すれば費用はかかりません。株式会社を設立する場合には、公証人役場で認証を受けることが必要になります。認証に必要な料金は5万円程度、紙による定款の場合には別途4万円程度の印紙代がかかります。

PDFファイルなどで電子定款を作成すれば印紙代が省略できるのでおすすめです。登記の際にはさらに登録免許税を支払うことが必要になります。登録免許税は資本金の金額の0.7%となっていますが、資本金の金額が小さい場合には一律15万円となります。合同会社の場合には定款の認証は不要であり、登録免許税は6万円からとなっています。

資本金は厳密にいえば費用ではありませんが、ここでは会社設立に必要な料金として考えます。現在は資本金は1円での会社設立が可能となっていますが、実際に事業を行う際の信用を考えるとやはりある程度の資本金を準備することが必要だといえるでしょう。その他には事業が軌道に乗るまでの間の、運転資金を準備しておくことが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *