会社設立するまでの流れ

会社設立の費用の内訳

会社設立の費用は、株式会社を設立するか、それとも持分会社を設立するかで異なります。

株式会社の場合には「定款の認証手数料が5万円」「登録免許税が15万円」「定款に貼る印紙代が4万円」「定款の謄本手数料が2千円」です。合計すると24万と2千円になります。これは役所に支払う法定費用であり、司法書士に依頼するための費用は別でかかることに注意です。

会社設立の手続きすべてを司法書士にまかせたら15万円程度かかります。さらに、会社の実印作成代などで1万円程度見ておく必要があります。持分会社とは合同会社・合資会社・合名会社のことです。持分会社の場合、「設立にかかる登録免許税が6万円」「定款に貼る印紙代が4万円」です。

定款の認証手数料がかからないことが大きいですね。また、登録免許税も株式会社のケースに比べて安くなっています。会社の実印作成代などで1万円程度かかることは同じです。

このうち、「定款に貼る印紙代4万円」については電子定款にすることで節約できます。会社設立の手続きすべてをまかせられるのは司法書士ですが、料金は高額になります。税理士は登記を代行することができませんが、そのかわりに料金は安くなっています。

専門家によってはゼロ円設立プランを用意しているところがあります。ゼロ円設立プランは一見すると魅力的ですが、顧問契約が条件になっています。税理士顧問契約は月額3万円から5万円程度ですが、長期の契約となっている場合には注意です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *