会社設立するまでの流れ

会社設立にかかる費用と手続きについて

会社設立には様々な費用がかかり、手続きの方法も複雑です。

有限会社法が廃止されたことにより昔に比べて費用も安くなりましたし手続きも簡素化されましたが、初心者が会社設立をするとなるとそれなりの問題やストレスやリスクがつきまといます。そこでおすすめなのが、法律事務所の弁護士に手続きを全てお任せするという方法です。

弁護士に手続きを代行してもらうことで円滑に効率的にスピーディーに会社設立の手続きを進めることが出来ます。スムーズな手続きを実現させることが出来るだけではなく、費用を抑える効果も期待できます。

会社設立にかかる費用はだいたい25万円くらいです。その内訳としては、定款認証手数料や収入印紙代や謄本手数料や老規模謄本や印鑑証明などがあります。弁護士に依頼すればこれらの費用を安く抑えることも可能ですし、手続きの代行やアドバイスなどの様々なバックアップサービスが受けられるので時間とお金と労力の節約につながります。

何でも気軽に相談することも出来るのでとても心強い存在となってくれます。法律事務所選びについてですが、会社設立に強い弁護士が在籍しているところを選ぶ必要があります。

自分で探すことが困難な場合は、弁護士会に相談したり無料法律相談会に参加してみたりするのがおすすめです。自治体の窓口を活用するという方法もあります。無料法律相談会は定期的に開催されていますので、弁護士会や自治体のホームページなどでチェックしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *