会社設立するまでの流れ

会社設立費用が安くなる方法について

会社設立にかかる費用を抑えたい場合、行政書士などがやっている代行サービスを使うと効果的です。

代行業者に依頼する場合であっても法定費用はかかるはずなので、何で安くなるのかわからないという方もいるでしょう。安くなる理由は、電子定款を活用しているからです。電子定款は紙の定款と違って4万円の印紙代がかからないため、その分節約することができます。

それなら自分でやれば代行手数料もかからないのでもっと安くなるのではと思うかもしれませんが、この電子定款を作るためにはPDFソフトなどを買わなければなりません。買うとお金が4万円以上かかるので、結局安さを享受できないこととなります。しかし代行業者は安い料金で会社設立代行をしていますので、持っていな人でもそれなりに会社設立費用を抑えることが可能です。

以上が代行業者を利用すると自分でするより安くなるからくりですが、それだけが代行業者を利用する利点ではありません。専門知識を持った人にやってもらうことで間違いが生じることとなく作成してもらえることや、自分でやる手間を省けるといったメリットもあります。

それでいて低料金でやってもらうことができるため、利用する価値は大いになるといえるでしょう。したがって、たとえ必要な物を持っていたとしても、代行業者に敢えて依頼して代行してもらうのも悪くありません。たくさんの士業が代行サービスをやっていますが、行政書士がやっていることが多く、費用もほかの士業に比べて安い傾向いなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *