会社設立するまでの流れ

会社設立は多少の費用をかけても士業に依頼しよう

洋服や雑貨などの物品販売等を事業として行う場合に会社組織にして行うとした場合、まずじっくりと取り組みたいことは自分がどんな商品を仕入れて、それをどのような顧客に売り、どの程度の利益を上げていくかという事業計画を立てることです。

しかし会社設立を行う場合には、その会社組織の定款を作成し、それを公証人役場に認証してもらう手続きを経たあとに法務局に行って会社設立の登記を行う、さらには税務署などに事業開始の届を行うなどの様々な行政手続きが存在しています。物品販売ではあまりありませんが、許認可が必要な事業を行う場合には行政の許認可を得るという手続きが必要となります。

このような手続は費用を支払いってでも専門家に委ねて、自分の事業で利益を出すことに集中するのが長期的にみてその会社を継続させていく道となるでしょう。このような手続を行ってくれるのが、行政書士や司法書士、税理士などの士業と呼ばれる方々です。

それぞれの得意分野があり、会社設立に係る各行政手続きをどこまで行えるのかについて差があるものの、自分が得意でない分野や法律的に手が出せない分野については専門家と連携して対応してくれるケースが多いといえます。この士業の方々に多少の費用を支払ってでも会社設立手続を委任する方が自分の時間が確保できます。また、これらの士業の方々は電子定款を作成する機器を有している場合が多く、印紙代4万円を節約できる方法が取れることが多いので、結果として設立費用の削減につながることもあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *