会社設立するまでの流れ

会社設立の費用に関して

会社設立にかかる費用には、合同会社を設立したい場合と株式会社を設立したい場合とでは、必要な費用が異なっています。

しかし、結論から申し上げますと会社設立にかかる最小限の費用は6万円で設立が可能になっております。この場合は、合同会社になりますが、株式会社の場合はそれより多く必要なので、より経済的に設立をしたい場合にはいかにして料金を押さえることができるかが重要になってきます。まずは、合同会社の費用は登録免許税で6万円かかります。

さらに、定款の印紙代金で4万円かかります。これらを併せて6万4千円になります。先ほど述べた最小の設立費用が6万円になっているのは、定款が電子定款の場合には無料で認証をすることができることになるからです。そのため、より安くしたい方には電子定款の活用がお勧めです。次に、株式会社について登録免許税が15万円で定款の認証にかかる手数料が5万円さらに、定款の謄本で2千円ほどかかるので、全体の総額は20万円程度になります。

そのようなことから、株式会社を設立する際には合同会社を設立する場合よりも多くの資金が必要になるといえるでしょう。少しでもこのような会社設立で金額を抑えるには電子定款の利用が不可欠であるといえます。電子定款は数千円かかりますが、キャンペーンを実施しているサービスでは初回が無料になっていることも多いので、そのようなサービスを活用して少しでも料金を押さえることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *