会社設立するまでの流れ

会社設立の際に必要となる費用

会社設立の際に必要となる費用は、形態によって違ってきます。

例えば株式会社の場合であれば、設立に掛かる登録免許税15万円・定款の謄本手数料2、000円・定款の認証手数料5万円を合わせた20万2、000円が必要です。さらに、電子定款を利用しない場合は4万円の収入印紙代もいるので、合計で24万2、000円というのが最低限必要となる費用となります。

また、新しく設立する会社の実印の作成や設立時に必要な印鑑証明の取得費、会社の登記簿謄本の発行費などで1万円程度の金額も必要です。次に、合同会社の場合は登録免許税6万円と収入印紙代4万円を合計した10万円というのが会社設立の際に必要となる最低限の費用です。これに、株式会社の時と同様に実印の作成や印鑑証明の取得費などで1万円程度かかるので、会社設立時に必要となるのはトータルで11万円程度という事になります。

ちなみに、かっては会社を設立する際には株式会社であれば1、000万円以上、有限会社の場合は300万円以上の資本金が必要とされていたのですが、現在では1円からでも設立することが可能です。これは、平成18年の5月1日に「会社法」という法律が施行されたためです。これにより、有限会社という累計はなくなり、合同会社という枠組みが新たに登場することになります。ただし、有限会社と合同会社は全く同じものというわけではなく、資本金の額と監査役の有無において違いがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *