グループウェアの特徴について

ビジネスの現場では、意思決定などスピードや効率化が求められています。

グループウェアは、ビジネスの効率化をサポートするためのサービスです。



グループウェアでは、メールやスケジューラー、ワープロ・表計算、イントラネットの掲示板など、業務遂行に必要なソフトが一元管理されており、相互に連携させて使用することができます。


ビジネスのためのツールとしてのIT関連の技術、メールやスケジューラー、社内掲示板などは、もはや業務に欠かせないものとなっています。

しかし、会議参加要請のメールを受信してからスケジューラーを起動して予定を確認したり、わざわざワープロ文書を印刷して上司の確認を得ていたのでは、あまりにも非効率的であり、作業が滞ってしまうことになります。

そこで、グループウェアを使用してメールとスケジューラーを連携させれば、会議開催日の予定をただちに確認し、メールで返信するとともにスケジュールの追加を行うことにより、迅速なメール処理とスケジュール処理ができます。また、グループウェアの電子稟議のシステムを使用すれば、承認を得るためにわざわざファイルを印刷する必要もなく、たとえ直属の上司が外出中で承認を得られない場合でも、別のルートにより代理承認を得ることもできます。



承認可否は依頼者にただちに通知されるため、業務のロスを減らすこともできます。



このシステムを応用すれば、課内や部内の電子回覧を行うことも可能です。さらに、イントラネットの掲示板に自分の業務に関連する情報が掲載された場合、メールで通知を受け取るなど、色々なソフト間での連携ができます。