グループウェア実装の仕組み

イントラネットやクラウドサーバ上で提供されるグループウェアの実装の仕組みを説明しましょう。
利用者がグループウェアにアクセスする場合、昔はサーバ・クライアント型のソフトウェアで実装されていたためインストール作業が必要でした。

サーバ・クライアント型のシステムでは利用者の端末にクライアントアプリケーションをインストールし、サーバとの通信に必要な設定情報を登録する必要がありましたが、昨今のグループウェアはほとんどがWeb型になっています。

この実装の仕組みは、利用者側からするとブラックBoxで何も気にする必用はありませんが、それほど複雑な仕組みであるわけでもありません。



Webサーバを用意し、Webサーバのプラグインアプリケーションの形で導入されます。
このため利用者はWebブラウザを通してアプリケーションにアクセス、やりとりするデータの全てはWebサーバ内で保存・管理されます。グループウェアのサーバは社内のイントラネット上のサーバに導入して利用することもできますし、クラウドアプリケーションとして提供されるものをレンタルして利用することも可能可能です。

ユーザサイドから見た使い勝手はどちらのパターンも変わりませんので、社内に導入及びシステム管理をすることができる管理者を立てることができない場合は、若干費用はかかりますが、外部の業者が提供するサービスを利用することも可能です。



グループウェアは低コストで組織やグループ間の情報共有を有効に行えるツールですので、導入の効果は絶大と言えるでしょう。

これだけは知っておきたい教えて!gooの詳細についてはこちらです。